shop blog

スローハウス スローハウス

< ショップ詳細に戻る

INFO.
2019年4月より、毎週水曜日を定休日とさせていただきます。ご来店の際にはご注意ください。 なお、祝日は定休日にかかわらず営業いたします。
ADDRESS
〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-3
TEL
03-5495-9471
OPEN
11:00~20:00 / 水曜日定休
SOHOLM レストラン
LUNCH/11:00~15:00
DINNER/18:00~23:00 L.O. 22:00
(土日祝)17:00~22:00 L.O. 20:30

Archive for 11月 5th, 2019

VTGフェアTOP
 

10月26日から始まりました、DANISH VINTAGE FESTA。

2度目の更新は私のお気に入りをご紹介します。

_MG_0803
 

RM1808#005 SIDE BOARD

W150xD45xH75cm

_MG_0851
 

正面から本体の角に目をやると、木口を斜め45°にカットして組み合わせているので

木口が見えない作りになっています。ぐるりと無垢のチーク材で繋がれた表情には

額縁を連想させられました。

_MG_0807
 

本体が直線的なデザインで徹底されているだけに丸脚との対比も美しく、

サイドボード前に扉を開く為のスペースを確保しなくてもいい引き戸も嬉しいポイントですね。

 

中に見てみると、艶感から経年を感じさせる真鍮の浅い引き出しがついています。

_MG_0856
 

アクセサリー、手紙や書類を傷つけないようにと、毛氈(もうせん)が

敷き詰めたところに、使い手への心遣いを感じずにはいられません。

_MG_0859
 

 

続いては、キャビネットのご紹介です。

_MG_0976
 

SA 1901 #076 CABINET

W85xD40xH73.5cm

_MG_0991
 

こちらも、先程のサイドボードと同じ継ぎ技法が用いられていますが、

段々になっている仕上がりを見た時に

「太陽の光りや照明の灯りで陰影がキレイに映えるかも」と

惹かれてしまいました。

_MG_0986
 

5杯の引き出しと開き戸の作りはリビングルームだけでなく、カトラリーやお皿を

収納するダイニングルームでの用途としてもオススメです。

そして、左右の脚にも注目です。

取り付けられている向きが違うのに気付きましたか?

なぜこのような作りになっているのかは、わかりませんでしたが、

もしかしたら、作り手の遊び心なのかもしれませんね。

 

今回、ご紹介した2点はいずれもアノニマス・デザインながら、

使い手のことを考えて作られていて、見た目にも端整な作りですので、

是非、細部への拘りに注目してください。

 

展示中のビンテージはこちらからチェック!

HP内で随時更新しております。

今回のフェアは11月24日までです。

ご来店、お電話でのお問い合わせもお待ちしております。

TOP
 

 

 

 

 

 

 

 

to TOP