お部屋のデコレーションのお話。

date. 2020/02/04

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

旧暦では本日より春だそうです。

そう、昨日は節分でしたね。

 

皆様豆まきはされましたか?

私は関西出身なので、

豆まきをし、恵方巻もばっちり西南西を向いて食べました。

 

最近は東京でも恵方巻がたくさん売られていますが、私が上京したての10年前は豆の販売はありましたが、

恵方巻はほとんど販売されておらず、よく近所のお寿司屋さんにお願いしに行っておりました。

 

恵方巻の市民権獲得!!万歳っっ!!

 

 

さて、本日はお客様よりご相談を受けるお話から一つ、、、。

 

 

「棚の上を素敵に飾りたいのですが、どうすればよいですか??」

 

「なんか部屋が殺風景でどうすればよいですか??」

 

 

 

、、、、、。

分かりまーーーす!!!

 

ほんと、部屋のデコレーションって難しいですよね。

ごちゃごちゃするのは嫌だし、かといって何も飾らないのも殺風景で味気ない、、、。

 

そんな悩みをお持ちの方に、SLOW HOUSE的視点で解決方法を少しお話します。

 

ルールは3つです。

 

 

 

1.お部屋の中に1箇所だけ、”飾る”場所を決める。

 

2.上に置くものは三角形のバランスを意識。

 

3.”ぎゅっと”と”余白”。

 

 

 

まずは、お部屋全体に色々配置するのではなく、【飾る】場所を一箇所に集約させましょう。

 

チェスト上やサイドボードの上、本棚などのオープンシェルフでもよいと思います。

目線に入る高さだと尚GOOD!

私はこの場所を”キラキラスポット”や”ときめきスポット”と呼んだりします。(こう呼んでいるのは私一人だけです。笑)

とにかく、自分がアガル場所にするというのが大切なので、視界に入る方がよいです。

 

そして、集約させることで、ごちゃごちゃした印象も与えません。

 

 

_MG_1709
 

re_MG_1699
 

 

 

お次は三角形のお話。

 

 

雑貨屋さんで買ったお気に入りのものや、旅行で買ったあれこれ、捨てるに捨てられない思い出の物クローゼットで眠っていませんか?

 

 

 

さぁ、まずは出しましょう!

それらはきっと自分の感性に触れる物です。

 

 

そして、キラキラスポットに並べてあげましょう。

そこでポイントは並べるだけでなく、三角形になるように配置してみましょう。

こなれ感(←最近覚えた便利な言葉。笑)が出ます。

 

 

 

先ほどの写真でいくとこんな感じ、、、。

 

2_MG_1709
 

 

三角形だらけです!笑

 

これならいろんなものを置いても、”こなれ感”(←多様する。)出てますよね。

 

 

最後に”ぎゅっと”と”余白”。

 

その名の通り、ぎゅっと集約させる所とすっきり余白を残すところの

緩急をつけるです。

 

 

先ほどの画像だとこんな感じ、、。

※青が”ぎゅっ”、黄色が”余白”の部分。

 

111re_MG_1699
 

 

 

なんとなく掴めてきましたでしょうか?

 

こちらはあくまでSLOW HOUSE的視点のお話。

 

 

さぁ、クローゼットで眠っているお気に入りのあの子達をキラキラスポット(←流行らせたい)で

デビューさせてあげてください!

 

次回は壁の飾り方についてでもお話しましょうかね。

 

 

乞うご期待!!