shop blog

スローハウス スローハウス

< ショップ詳細に戻る

INFO.
2019年4月より、毎週水曜日を定休日とさせていただきます。ご来店の際にはご注意ください。 なお、祝日は定休日にかかわらず営業いたします。
ADDRESS
〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-3
TEL
03-5495-9471
OPEN
11:00~20:00 / 水曜日定休
SOHOLM レストラン
LUNCH/11:00~15:00
DINNER/18:00~23:00 L.O. 22:00
(土日祝)17:00~22:00 L.O. 20:30
back

 

寒の戻りはあるものの、着実に春が近づいてきております。

 

もう少し経つと、お店の前に植えられた桜たちもこんなようすに。

わたしはこのお店で迎える初めての春ですので、とても楽しみです。

 

 

外観写真_桜
 

 

いつものお部屋をよりあなたらしく、インテリアを新たな装いにしてみてはいかがでしょうか。

 

家具のサイズはもちろん、色や素材の組み合わせに悩むことから、

インテリアに難しさを覚える方も少なくありません。

 

そんなインテリアをより身近に感じ、楽んでいただけるよう、

当店では3Dのシュミレーションサービスを無料で行っております。

 

今回はご相談をいただいた後の流れをかいつまんでご紹介。

 

 

02
 

ざっくりでもお部屋の間取りと寸法をお伝えいただければ、こんなふうに平面から作っていきます。

なにかと役立つこともありますので、お部屋の寸法や図面は画像かメモにでも残しておくといいと思います。

 

 

04
 

このイメージを3Dにしてみると、こう。

ここまでおよそ数分。

お部屋の躯体はほぼできあがりです。

部屋に差し込むやさしい陽の再現もできております。

 

 

05
 

お部屋に入ったイメージはこちら。

つづいて検討のソファやテーブル、お手持ちの家具もこのなかに配置していきます。

 

 

07
 

はい。

簡易的なアプリと異なり、細かい色・サイズ変更と取扱いモデルそのものを

プランに反映させることができます。

お部屋の写真があるとより忠実な再現が可能になります。

 

 

10
 

11
 

さらに時間をかけて陰影とテクスチャーを再現するとよりきれいな仕上がりになります。

最終的なシュミレーションイメージは、この状態でお渡しいたします。

 

 

 

_MG_1823
 

お預かりした図面をもとに、より精度の高いシュミレーションも可能です。

この実際の画像のイメージをシュミレーターで再現すると…

 

 

SAMPLE2
 

このとおり。

お引越し前のまだ見ぬお部屋のインテリアにも、これなら安心して選ぶことができますよね。

 

4月5日(日)までインテリア相談会を開いておりますので、この機会にぜひ。

ご相談お待ちしております。

 

 

皆さま、こんばんは。

いつもSLOWHOUSE天王洲店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

ここ数日はお天気良く、とっても気持ちの良い日が続いています。

天王洲アイルでは早咲きの桜が見頃を迎えています。

 

お店にも、春を感じるドライフラワーがたくさん揃いました。

IMG_5538
 

SLOWHOUSE天王洲店はいつもシックなカラーリングが多いのですが、

春はやっぱり明るい色をお部屋に飾りたくなりますよね。

いつもよりパステルなピンクやイエロー、ブルーなど

華やかなカラーが揃っています。

_MG_1923
 

淡いトーンでまとめたスワッグは

アンティークな雰囲気と相性がぴったり。

あえて個性のあるドライフラワーを選ぶのがポイント。

_MG_1915
 

フラワーベースにははっきりとしたカラーで

アクセントにするのもおすすめです。

デスクの片隅に添えるだけでインテリアがグッと引き締まります。

_MG_1944
 

お花と合わせて選んでいただけるよう、

フラワーベースの種類もたくさんお取り揃えしています。

是非この週末はお散歩もかねて、

SLOWHOUSE天王洲店にいらしてください。

 

皆様のご来店お待ちしています。

 

 

 

ブログをご覧のみなさま、こんにちは。

 

私、はじめての登場でございます。

新人の横田です!

どうぞよろしくお願いします。

 

私ここ最近、あたたかくなってきたのと同時になんか鼻がムズムズしてきました…

 

みなさまは、鼻の調子いかがですか?

これからの季節、一緒に戦いましょう!!!

 

そんなこんなで、もうすぐそこに春が迫ってきておりますが

これから新たな環境で新生活が始まる方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな新生活におすすめしたい

こちらの “OLU DAINING TABLE (オル ダイニングテーブル)” をご紹介いたします!

 

IMG_6579
 

本当に美しい。

一見、海外ブランド?とも思えるこちらのテーブルですが

岐阜県の “WOHL HUTTE(ボールヒュッテ)” という工房でつくられているんです。

 

“WOHL HUTTE(ボールヒュッテ)” についてはこちらをご覧ください。

https://tokyo.slow-house.com/?p=7344

 

なんとこちらのテーブル、天板が折りたためるのです。

全体
 

両端を折ると、W90cm。

 

全体2
 

片側を折ると、W155cm。

この状態で、折り畳んだ側をキッチンにくっつけて使用してもいいですね。

 

無垢の天板を「折る」や「たたむ」、という事を丁寧で美しい仕草ととらえ名付けられたんだとか。

折る部分が美しい
 

よーく見てみると…

折り目が半円に削られていますね!

畳んだ状態でも美しい、作り手のこだわりが感じられます。

 

ローラー真鍮、ウォールナット墨黒の脚
 

もうひとつこだわりを発見!

一部の脚先には墨黒のウォールナットを

そしてローラーには真鍮を使用しています。

細部までこだわりが詰まっていますね。

 

継ぎが少ない無垢の天板
 

天板には継ぎが少ないオークの無垢材を使用。

 

PSマット作れるよ
 

天板は無垢材のオイル仕上げの為、輪シミなどが気になる方は

天板を保護できるPSマットもご購入いただけます。

 

この美しさ、そして細部のこだわりを

ぜひ実際に見て、触れて体感していただきたいです!

みなさまのご来店お待ちしております。

 

みなさま、こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

最近、あたたかい日も増えてきて

いよいよ春が近づいてきているのでしょうか。

寒いのが苦手な私にとっては待ちに待った春でございます・・・

 

さて、今回もやってきましたこの企画!

 

蚤の市TOP
 

“北欧ヴィンテージの小さな家具 蚤の市”

が、2/22(土)よりスタートいたします!!

 

期間:2/22(土)~3/22(日)

場所:SLOWHOUSE天王洲店

 

普段なかなかお目にかかれない、

北欧ヴィンテージの家具たちがご覧いただけます!

 

_MG_1837
LIFT TABLE >before

_MG_1835
LIFT TABLE >after

 

 

_MG_1671
7DRAWER

_MG_1680
7DRAWER >detail

 

 

 

_MG_1862
LIVING TABLE

_MG_1896
LIVING TABLE >detail

 

 

_MG_1875
1DRAWER

 

 

_MG_1881
FLOWER STAND

_MG_1890
FLOWER STAND >detail

 

 

_MG_1665
RATTAN SIDE TABLE

 

集結するのは、アクタスのバイヤーが北欧のヴィンテージショップで買い付けた一点ものの家具たち。

そこには当時のデザイナーや職人さんたちのこだわりを、細部にまで感じられるものばかりです。

 

時代を越え、今も受け継がれるデンマークの家具たちは

デザインだけでなく、その技術や機能性も魅力的。

ぜひ店頭にてそのこだわりに触れてみてください。

 

どんな人たちがどのように使ってきた家具なのか・・・

その背景をつい想像してみたくなりますね。

 

今後も随時、

入荷のヴィンテージ家具をご紹介いたしますので、お楽しみに!!

 

 

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

旧暦では本日より春だそうです。

そう、昨日は節分でしたね。

 

皆様豆まきはされましたか?

私は関西出身なので、

豆まきをし、恵方巻もばっちり西南西を向いて食べました。

 

最近は東京でも恵方巻がたくさん売られていますが、私が上京したての10年前は豆の販売はありましたが、

恵方巻はほとんど販売されておらず、よく近所のお寿司屋さんにお願いしに行っておりました。

 

恵方巻の市民権獲得!!万歳っっ!!

 

 

さて、本日はお客様よりご相談を受けるお話から一つ、、、。

 

 

「棚の上を素敵に飾りたいのですが、どうすればよいですか??」

 

「なんか部屋が殺風景でどうすればよいですか??」

 

 

 

、、、、、。

分かりまーーーす!!!

 

ほんと、部屋のデコレーションって難しいですよね。

ごちゃごちゃするのは嫌だし、かといって何も飾らないのも殺風景で味気ない、、、。

 

そんな悩みをお持ちの方に、SLOW HOUSE的視点で解決方法を少しお話します。

 

ルールは3つです。

 

 

 

1.お部屋の中に1箇所だけ、”飾る”場所を決める。

 

2.上に置くものは三角形のバランスを意識。

 

3.”ぎゅっと”と”余白”。

 

 

 

まずは、お部屋全体に色々配置するのではなく、【飾る】場所を一箇所に集約させましょう。

 

チェスト上やサイドボードの上、本棚などのオープンシェルフでもよいと思います。

目線に入る高さだと尚GOOD!

私はこの場所を”キラキラスポット”や”ときめきスポット”と呼んだりします。(こう呼んでいるのは私一人だけです。笑)

とにかく、自分がアガル場所にするというのが大切なので、視界に入る方がよいです。

 

そして、集約させることで、ごちゃごちゃした印象も与えません。

 

 

_MG_1709
 

re_MG_1699
 

 

 

お次は三角形のお話。

 

 

雑貨屋さんで買ったお気に入りのものや、旅行で買ったあれこれ、捨てるに捨てられない思い出の物クローゼットで眠っていませんか?

 

 

 

さぁ、まずは出しましょう!

それらはきっと自分の感性に触れる物です。

 

 

そして、キラキラスポットに並べてあげましょう。

そこでポイントは並べるだけでなく、三角形になるように配置してみましょう。

こなれ感(←最近覚えた便利な言葉。笑)が出ます。

 

 

 

先ほどの写真でいくとこんな感じ、、、。

 

2_MG_1709
 

 

三角形だらけです!笑

 

これならいろんなものを置いても、”こなれ感”(←多様する。)出てますよね。

 

 

最後に”ぎゅっと”と”余白”。

 

その名の通り、ぎゅっと集約させる所とすっきり余白を残すところの

緩急をつけるです。

 

 

先ほどの画像だとこんな感じ、、。

※青が”ぎゅっ”、黄色が”余白”の部分。

 

111re_MG_1699
 

 

 

なんとなく掴めてきましたでしょうか?

 

こちらはあくまでSLOW HOUSE的視点のお話。

 

 

さぁ、クローゼットで眠っているお気に入りのあの子達をキラキラスポット(←流行らせたい)で

デビューさせてあげてください!

 

次回は壁の飾り方についてでもお話しましょうかね。

 

 

乞うご期待!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

週末の雨から一転、ポカポカとした優しい陽差しが気持ち良いですね。

コートを着ずに気軽に出歩けられるなんて、本当に久しぶりです。

ああ・・・待ってました、春。

 

 

 

さて、本日はお探しの方の多いデンマークヴィンテージのチェアの中から、

選りすぐりの3点をご紹介いたします。

 

 

まずは、こちら。

北欧屈指の家具メーカー、J.L.Moller/ジェイエルモラーが手掛けたチェアです。

 

_MG_1656
VINTAGE No.75 Chair

 

_MG_1663
美しいカーブを描いた背面。

 

_MG_1692
J.L. Moller/ジェイエルモラー社製の椅子は、接合部分の技術が高いのも特徴です。

 

_MG_1696
平織のコットンテープで編み込まれた、非常に珍しい座面。

 

_MG_1694
J.L.MOLLERのロゴマーク付きです。

 

_MG_1693
品質を保証するDANISH FURNITUREMAKERS’ QUALITY CONTROLのロゴも付いています。

 

品名:No.75 CHAIR

ブランド:J.L. Moller

デザイナー:Niels O.Moller

木材:TEAK

サイズ:W45 / D45 / H80 / SH43 cm

 

 

続いて、Mogens Kold/モーエンス コード社による、

シンプルで無駄がなく“凛”とした佇まいのこちらのチェア。

 

_MG_1761
VINTAGE CHAIR by Mogens Kold

 

_MG_1778
無垢材を削って作られた背板。

 

_MG_1776
背柱が滑らかに沿っていて、背中を優しくHOLDしてくれます。

 

_MG_1779
KVADRAT社の生地で張替えをしています。

 

品名:VINTAGE CHAIR

ブランド:Mogens Kold

木材:TEAK

サイズ:W48 / D42 / H76 / SH46 cm

 

 

 

続いて、デザイナーは不明ですが、

ローズウッド製、珍しい背板のデザインのこちらのチェア。

 

_MG_1755
VINTAGE DINING CHAIR  (ROSE WOOD)

 

_MG_1781
槍のようなデザインが特徴の背柱。

 

_MG_1782
背板の横幅が広く、大きくカーブを描いています。

 

_MG_1780
こちらも、KVADRAT社の生地で張替えを行っています。

 

品名:VINTAGE CHAIR

木材:ROSE WOOD

サイズ:W50 / D48 / H79 / SH45 cm

 

 

この世に一つしかないヴィンテージのチェアは、

“愛着”がわき、自然と大切に使い続けたくなります。

 

 

どうぞ、実際にお店でお試しいただき、

とっておきの一脚を見つけていただければ幸いです。

 

 

――

 

展示中のVINTAGE商品の一部がSLOWHOUSE公式サイトから

https://www.slow-house.com/vintage/

ご覧いただけるようになりました!

こちらも随時更新予定ですので、是非ご覧ください。

 

――

 

 

 

皆さま、こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は前回の予告通り、チョコレートのご紹介です!

 

native
 

NAÏVE リトアニアチョコ

 

リトアニアで作られた、 Bean to Bar (ビーントゥーバー)のチョコレート。

最近ではよく知られるようになってきましたが、

Bean to Bar とは、豆の生産地や質を選ぶところから始まり

チョコレートにするまで 製造の工程を一貫して行うことです。

この手間によってショコラトリー独自の味やフレーバーになり

カカオ豆本来の薫りが強く残るチョコレートになるそう。

 

native
 

気になるテイストですが

スパイス、ポルチーニ、ラフグラウンド、ケフィア、

アンブロシア、モリキュール の6種類。

芳しい香りがすっと抜けるポルチーニはヨーロッパで一番人気。

お酒にも合うのでワインやチーズがお好きな方へどうぞ。

6種類のうち5つがダークチョコレートですが

ダークチョコは苦くて食べれないと思っている方も、

ぜひお試しいただきたいチョコです。

 

native
 

ダークチョコが苦手な方がおいしい!食べれる!となって輸入されはじめたチョコです。

私が個人的に好きなのは「ラフグラウンド」です。

ジャリジャリした砂糖の食感が、おもしろくておいしくておススメです。

 

native
 

ほかにも使い勝手の良い食器、限定のお菓子などなどご用意しています。

お世話になった方へ、手土産に、バレンタインの準備にもぜひ。

 

native
 

皆さまのご来店をお待ちしております!

 

皆さまこんにちは。

いつもSLOWHOUSE天王洲店のブログをご覧いただきありがとうございます。

慌ただしかった年始もあっという間に20日過ぎて

ほっと一息つけるようになってきました。

 

さて今巷ではコーヒー第4の波(フォースウェーブ)がきてるのを

ご存じでしょうか?

_MG_1732
 

コーヒー豆も生産者の見える豆をご自宅で焙煎されるといった

こだわりある方が増えてきました。

本日はそんな一杯の為のマグカップをご紹介します。

陶器製のマグカップはどちらも岐阜県で作られたもの。

 

_MG_1734
 

こちらは作山窯のストレートマグ。

飲み口に撥水加工を行い釉薬を塗ることで、口元は素焼きのままに

手に持った質感はしっとりと手に馴染みます。

_MG_1724
 

黒土を使用し白釉薬の上から口元だけ刷毛で色釉薬を塗ることで

独特のグラデーションを作るこちらも岐阜県の美濃焼。

掌におさまる大きなマグカップは男性へのプレゼントにもおすすめです。

_MG_1728
 

コーヒーを抽出するドリッパーも取り揃えています。

ゴールドフィルターは油分や風味をそのまま抽出できるため、

豆本来の味が楽しめ、コーヒー器具を初めて使う方にも

おいしくドリップできるおすすめのアイテムです。

お洒落な見た目にインテリア映えすること間違いなしです。

_MG_1717
 

こだわりの一杯の為のマグカップ、ドリッパーを探しに是非

SLOWHOUSE天王洲店に見にいらしてくださいね。

 

_MG_1718
 

一緒にバレンタインにおすすめのリトアニアチョコレートも販売してます。

こちらの紹介は次回のブログにて。お楽しみに!!

 

 

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

今週末より、展示入替えのための最終処分、

ファイナルセールを開催いたします!

 

 

定番人気の、オリジナルソファや・・・

 

IMG_7133
LAULU COUCH SOFA   W212 x D92 x H82 x SH43 cm

 

 

IMG_7131
JARVI SOFA  W180 x D83 x H65 x SH30 cm → SOLD OUT

 

廃盤のため、もう手に入らなくなってしまうあのアイテムや・・・

 

IMG_7136
ENKEL DINING TABLE  φ100xH72cm

 

IMG_7130
STIRO DINING TABLE  W150xD80xH72 cm

 

 

デザイナーズヴィンテージなどなど・・・

 

_MG_0066
_MG_0126
HANS. J. WEGNER / BOOK SHELF  W100xD47xH180 cm → SOLD OUT

 

 

_MG_1485
EERO SAARINEN /  EXECUTIVE SIDE CHAIR W55xD53 xH84/SH44 cm → SOLD OUT

 

 

_MG_9711
_MG_9719
Erik Christensen / BOOMERANG CHAIR  W47xD47xH82/SH46 cm

 

 

お得にお求めいただけるチャンスとなっております!

そして掲載品以外にも、まだまだご用意が・・・♪

 

最終処分ブログ
 

是非この機会に、隠れたお宝をさがしにご来店くださいませ。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

――――――――――

商品に関する詳しいお問い合わせは、

TEL  03-5495-9471
OPEN 11:00~20:00 
直接お店にお電話いただければ幸いです。

ブログをご覧の皆さま、こんにちは。

まだ寒さの厳しい1月ですが

商店街などでは「新春」の文字も見かけるようになりましたね。

 

気候としての春はまだ先ですが、

おうちの中だけでもグリーンを置いて明るくしてみませんか。

芽が出、脚が生え、背丈が変わるインテリア。

今回はちょっとめずらしい子たちを。

 

こちらは前回、初心者向けとご紹介したフィカスの仲間。

 

ficus
 

カシワバゴムに似ていますがアフリカンプリンスという珍しいフィカスです。

幹も面白い形で葉もしっかりしています。

年末年始、こんな暑かったり寒かったりするお店の中で大丈夫か?と

心配していたのにめちゃくちゃ元気です。

 

ガジュマル
 

左から時計回りに、

①クリプタンサス。森に地生のパイナップルの仲間です。

白系の葉に黒い縞模様がめずらしいアブソリュートゼロという種類。

ただただカッコイイ。

 

②ガジュマル

たぶん皆がイメージするものとは異なるフォルムのガジュマル。

このような鉢に入れてスローハウスっぽくも、

シンプルモダンなカバーに入れてクールなかんじでもいける、

ふり幅の広い子です。

 

③フィロデンドロン ファンバン

セロウムに似た見た目の珍しいフィロデンドロン。

長い茎と大きな葉でおもしろい形ですが、葉色や形状にくせがないので

インテリア、他の植物、何と一緒でも合わせやすいです。

床に置いても、棚上に置いて、葉がぴょんと出ているのを

下から眺めるのでも面白いですよ。

 

AIRPLANT
 

いつでも人気のエアプランツ、キセログラフィカ。

 

AIRPLANT
 

の、着生している変わりダネ、カーリースリム。

着生している分、水やり加減が分かりやすい子です。

 

ほかにもいろいろ、、、

インスタグラムでも毎週金曜に入荷したグリーンをご紹介していますので

ぜひご覧ください。

 

ご来店お待ちしております!

 

to TOP