shop blog

スローハウス スローハウス

< ショップ詳細に戻る

INFO.
2019年4月より、毎週水曜日を定休日とさせていただきます。ご来店の際にはご注意ください。 なお、祝日は定休日にかかわらず営業いたします。
ADDRESS
〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-3
TEL
03-5495-9471
OPEN
11:00~20:00 / 水曜日定休
SOHOLM レストラン
LUNCH/11:00~15:00
DINNER/18:00~23:00 L.O. 22:00
(土日祝)17:00~22:00 L.O. 20:30
back

Posts Tagged ‘actus’

 

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

前回に引き続き、本日もヴィンテージをこよなく愛する亀岡がお届け致します。

 

さて、今年最後のヴィンテージフェアも

残すところ後10日間となりました!

 

 

本日は、私が最も感動した

「ナンダコレ!?ヴィンテージ」をご紹介いたします。

 

_MG_1235
/なんだか凄い構造!?\

 

 

それが、こちら。

 

_MG_1186
 

一見シンプルなリビングテーブルが・・・

 

_MG_1190


_MG_1189


_MG_1188
 

デンマークのヴィンテージではおなじみ。

天板が2段階で大きくなります!

 

 

しかし!!!

それだけではないのです!!!!!

 

_MG_1191
 

ドドン!

 

_MG_1192
 

ドーーーン!高くなるのです!!!

天板がリフトすることから、通称「リフトテーブル」と呼ばれています。

 

 

_MG_1236
 

こちらは天板裏の構造で、

レバーを引っ張ると簡単にリフトする仕組みになっています。

 

※通常のリフトテーブルは手動で天板を持ち上げる仕様のため、

実はこちら大変珍しい一品です。

 

 

そして、このトランスフォームは実生活にとても便利なのです。

 

IMG_6942
 

普段はリビングテーブルとして。

 

IMG_6943
 

お食事やパソコン作業をするときは、リフトさせて使えば、

 

IMG_6941
 

ダイニングもリビングも省スペースで手に入ってしまいます。

 

 

入荷する度、すぐにお嫁に行ってしまう事が多いので、

気になられる方はお早めにご相談くださいませ^^

 

 

【商品についての詳しい説明はこちら】

 

 

TOP


VINTAGE FESTA、残すところ後10日間。

愛着の沸く、あなただけのVINTAGEアイテムを探しにきてくださいね^^

 

この他のVINTAGE商品も、

SLOW HOUSEホームページのPRODUCTページよりご覧いただけます。

是非チェックしてみてください!


 





 

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

VINTAGE家具をこよなく愛する亀岡です。

 

 

さて、VINTAGEといえば、深い赤みがかったチークの色。

 

とっても綺麗な色ですが、

他の家具と合うの・・・?とお悩みのお声をよくお聞きします。

 

インテリアに答えはありませんが、

個人的には、MIXスタイルが大好きです!!!

 

IMG_6932
 

床はオーク材、他にも照明はバーチ材、リビングテーブルはパイン材。

 

色んな木材やカラーが混在しても、調和していればまとまった空間に!

むしろ、遊びと個性が出て、私はそこに心地よさを感じますが、

皆様はいかがでしょうか・・・?

 

IMG_6933
 

 

 

また、空間の中に「四角」だけでなく、

この「丸」が入ることにより、さらに空間にリズムが出て明るい印象に!

 

 

_MG_0189
 

バラバラの椅子をマルッと調和してくれるのも魅力です。

 

 

そして、このテーブルは、

 

_MG_0187
 

_MG_0186
 

伸縮いたします!(ワ~~~!パチパチ)

 

広げると、8名(詰めれば10名)座れちゃいます。

 

 

【商品についての詳しい説明はこちら】

 

 

 

TOP
 

VINTAGE FESTA、まだまだ続きます。

愛着の沸く、あなただけのVINTAGEアイテムを探しにきてくださいね^^

 

この他のVINTAGE商品も、

SLOW HOUSEホームページのPRODUCTページよりご覧いただけます。

是非チェックしてみてください!

 

 

ブログをご覧の皆様こんにちは。

 

Vintage大好き柏木です。

 

本日はとっても素敵なデスクが入荷したので、私の世間話は抜きにして早速ご紹介します!!!

(というか、早く紹介したいっ!)

 

 

まずはこちら。

 

ヴィンテージデスクにしては比較的コンパクトなサイズ感のデスクです。

 

_MG_1177
 

VINTAGE DESK

サイズ:W130xD65xH75 cm

素材:チーク材 オイル仕上げ


 

_MG_1181
 

_MG_1183
 

左右に引き出しがあり、機能性も申し分ない1台です。

しかも両面使いができるのでお部屋の真ん中に置いてもよし、

空間を間仕切るように1辺を壁付けして置いてもよし、レイアウトの幅が広がる1点です。

 

 

 

お次はこちら。

 

先ほど紹介したものより少し大きめのサイズ感ですが、こちらも両面使いができ、

向かい合わせで座ってもゆったりとスペースの確保できるデスクです。

 

 

_MG_1212
 

VINTAGE DESK

サイズ:W149xD82xH73 cm

素材:チーク材 オイル仕上げ

 

 

 

_MG_1217
 

_MG_1213
 

_MG_1215
 

_MG_1237
 

柔らかな曲線を描くレッグや引き出しの取っ手など、細部に至るまで職人の拘りが詰まっております。

そんな拘りがこのデスクの存在感を後押ししているような美しい佇まいのデスクなので

個人的には書斎スペースなどお部屋の真ん中にドーンと置いて頂きたい、そんな1点です。

 

 

 

そのほか、久々に入荷の Borge Morgensen(ボーエ・モーエンセン)のキャビネット!

 

_MG_1201
 

_MG_1203
 

_MG_1205
 

_MG_1250
 

_MG_1256
 

VINTAGE BOOKSHELF
ヴィンテージ ブックシェルフ

デザイン: Borge Morgensen(ボーエ・モーエンセン)

サイズ: 約W122x D45 x H175 cm

素材: チーク材

製造:FDB Møbler(FDBモブラー)

 

 

 

以上、速報?!でした!!

 

 

今回ご紹介した商品の詳細や

その他入荷情報などはSLOW HOUSEホームページのPRODUCTページよりご覧いただけます。

 

是非、チェックしてみてください。

 

TOP
 

 

 

 

 

 

 

 

 

VTGフェアTOP
 

10月26日から始まりました、DANISH VINTAGE FESTA。

2度目の更新は私のお気に入りをご紹介します。

_MG_0803
 

RM1808#005 SIDE BOARD

W150xD45xH75cm

_MG_0851
 

正面から本体の角に目をやると、木口を斜め45°にカットして組み合わせているので

木口が見えない作りになっています。ぐるりと無垢のチーク材で繋がれた表情には

額縁を連想させられました。

_MG_0807
 

本体が直線的なデザインで徹底されているだけに丸脚との対比も美しく、

サイドボード前に扉を開く為のスペースを確保しなくてもいい引き戸も嬉しいポイントですね。

 

中に見てみると、艶感から経年を感じさせる真鍮の浅い引き出しがついています。

_MG_0856
 

アクセサリー、手紙や書類を傷つけないようにと、毛氈(もうせん)が

敷き詰めたところに、使い手への心遣いを感じずにはいられません。

_MG_0859
 

 

続いては、キャビネットのご紹介です。

_MG_0976
 

SA 1901 #076 CABINET

W85xD40xH73.5cm

_MG_0991
 

こちらも、先程のサイドボードと同じ継ぎ技法が用いられていますが、

段々になっている仕上がりを見た時に

「太陽の光りや照明の灯りで陰影がキレイに映えるかも」と

惹かれてしまいました。

_MG_0986
 

5杯の引き出しと開き戸の作りはリビングルームだけでなく、カトラリーやお皿を

収納するダイニングルームでの用途としてもオススメです。

そして、左右の脚にも注目です。

取り付けられている向きが違うのに気付きましたか?

なぜこのような作りになっているのかは、わかりませんでしたが、

もしかしたら、作り手の遊び心なのかもしれませんね。

 

今回、ご紹介した2点はいずれもアノニマス・デザインながら、

使い手のことを考えて作られていて、見た目にも端整な作りですので、

是非、細部への拘りに注目してください。

 

展示中のビンテージはこちらからチェック!

HP内で随時更新しております。

今回のフェアは11月24日までです。

ご来店、お電話でのお問い合わせもお待ちしております。

TOP
 

 

 

 

 

 

 

 

ブログをご覧の皆様こんにちは!

 

 

ここ最近の秋晴れ日和、気持ちいいですね。

 

こんな天気の日はもう出かけるしかないっ!!

 

と言うことで、、、。

 

 

本日はそんな出かけたい衝動の皆様に、OUUR新作のご紹介です!イェイッ!

 

 

まずはこちら。

 

今年流行のニットワンピース。

 

ハイゲージニットなので膝下の着丈でも重さが出ずとても軽やに着られます。

その上アウターを着ても脇の部分がもたつきません。

これからのシーズンはこれ、大事ですよね。

 

5
 

6
 

7
 

両サイドのスリットが横からのシルエットを綺麗に見せてくれるのもポイントです。

今日はサテンの柄のスラックスを合わせましたが、プリーツスカートなんかを覗かせてもGOODですよね。

 

■サイズ:S、M 2サイズ/カラー:グレー、ブラウン(着用)、ベージュの3色展開

※着用サイズ:Mサイズ スタッフ身長:166cm

 

—————————————————-

 

続きましてはこちら。

 

キルティングコートです。

 

キルティングと言うと着膨れしそうなイメージありますが、

こちらは薄手なので今の季節にぴったりです。

ジーンズ×ニットというカジュアルな装いにも合いますし、

さらっとした生地感なのでワンピースなど綺麗目にも合わせられます。

 

16
 

17
 

■サイズ:S、M 2サイズ/カラー:ブラック、アイボリー(着用)2色展開

※着用サイズ:Mサイズ スタッフ身長:169 cm

 

—————————————————-

 

 

ラストはこちら。

 

ウール素材のスカートです。

 

ウール素材と言ってもさらっとしたストレッチウールを使用しているので動きやすく、軽やか。

裾とポケット部分がきりっぱなしのデザインになっているので、シンプルながらもしっかり存在感もあるスカートです。

 

そして何より私がお勧めしたいポイントは、とにかくシルエットが美しい!という事。

こんなに綺麗な形なのにストレッチが効いているため動きやすくて本当に優秀。

 

トレンドに左右されない形なので、ずっと穿き続けたいそんな1枚です。

 

10
 

11
 

■サイズ:S、M 2サイズ/カラー:ブラック、グレー(着用)2色展開

※着用サイズ:Sサイズ スタッフ身長:166 cm

 

—————————————————-

 

以上。

 

どうです?皆様。

 

出かけ衝動、さらに掻きたてられませんか?

 

そんな方は是非、お店に見にいらしてください。

 

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

 

VTGフェアTOP
 

 

先週より始まりました、DANISH VINTAGE FESTA。

最初の更新は私、スタッフFのお気に入りであり今回の目玉の一つのモデルのご紹介です。

デザイナーはデンマークの誇る巨匠、Hans. J. Wegner(ハンス. J. ウェグナー)。

 

 

④
 

GE259 DAYBED

size : W195 / D85.5 / H65.5 / SH43 cm

 

1950年代に学生寮のためにデザインされたもので、アームなしのGE258も存在します。

そもそもデイベッドって?

あまり聞きなじみがありませんよね。

普段はソファとして、就寝時にはベッドになる現代のソファベッドに近いイメージです。

 

 

⑤
 

製造元のGETAMA社は元々マットレスメーカー。

スプリングを使用しているため硬めで程よい反発ですから、

腰への負担も少なく寝心地もよいです。ZZZ・・・

 

 

③
 

1899年創業のGETAMA社は現存し同じモデルも生産されてはおりますが、

丸脚はビンテージでしか手に入りません。

また丸脚は初期の生産分のみで、それ以降は角脚へ移行しています。

 

またクッション部分が外れない仕様も初期モデルの証ですね。

展示のモデルはどちらも初期に該当する、丸脚・クッション一体型です。

 

 

⑥
 

Wegnerのこと、GETAMA社のこと、ぜひご自身でも調べてみて下さい。

ビンテージの奥深さと現代のインテリアに与えた影響の大きさに、きっと驚嘆されるはず。

 

展示中のビンテージはこちらからチェック!

HP内で随時更新しております。

 

今回のフェアは11月24日までです。

ご来店、お電話でのお問い合わせもお待ちしております。

SLOW HOUSE   tel: 03-5495-9471

 

 

TOP
 

 

・・・・・・・・・・・・・・・  キリトリ線  ・・・・・・・・・・・・・・・

おまけ。

ビンテージ玄人のあなたなら分かるはず。

次の写真のモデル名をそれぞれ言い当ててみてください!

いずれもウェグナーの名作チェアで、展示もしているモデルです。

 

 

①
 

 

②
 

 

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

いよいよ今週末より、

今年最後の”VINTAGE FESTA”が始まります!

 

TOP
 

デンマークから届く、

修繕を重ねながら長く愛され続けている家具たち。

 

そんなヴィンテージの家具たちは、

何十年を経ても廃れる事のない、デザインの本質的な美しさと、

暮らしに寄り添ってくれる道具としての使いやすさを

兼ね備えているものばかりです。

.

椅子いっぱい
 

SLOWHOUSEは、その家具たちを

次のまた誰かが受け継いでくださることを大変嬉しく感じながら、

いつも見届けさせていただいております。

 

SLOWHOUSEにとってのVINTAGE FURNITUREとは。

↑上記ページでもご紹介しています。

 

 

さて、今回のVINTAGE FESTAでは、

見れば見るほど美しい、

またまた、珍しいお品物が沢山入荷しております・・・!

 

 

IMG_6820
バタフライ式のダイニングテーブル

IMG_6821
 

_MG_1038
 

 

_MG_0777
CH23

_MG_0785 (1)
 

 

IMG_6818
Opal Kleinmöbel(ドイツ)のネストテーブル

IMG_6817
 

 

_MG_0830 (1)
曲線が特徴的なリビングテーブル

_MG_0836
 

 

_MG_0810
内部の作りが細やかなサイドボード

_MG_0812
 

_MG_0856
 

 

_MG_0961
コーナーキャビネット

 

_MG_0985
チェスト付キャビネット

 

その他の商品も、以下のサイトよりご覧いただけます。

 

――

展示中のVINTAGE商品の一部がSLOWHOUSE公式サイトから

ご覧いただけるようになりました!

https://www.slow-house.com/vintage/

こちらも随時更新予定ですので、是非ご覧ください。

――

 

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

ブログをご覧の皆様こんにちは。

 

 

 

今週もOUURの秋冬の新作入荷いたしました!

 

そしてようやく、

今期のフルラインナップが揃いましたことをお知らせいたします。

大変長らくお待たせ致しました!

 

人気商品は早々に無くなってしまいますので

お早めにお立ち寄りくださいね。

 

 

 

今回は、シンプルながらデザイン性のある洋服たちのご紹介です。

 

前回紹介したお洋服たちとは少し違う雰囲気なので、

ぜひ、最後までご覧下さい!

 

 

 

最初にご紹介しますのが、

 

IMG_6714
 

 

 

胸元の深いVネックとスリッドが特徴的な

ワンピースです。

 

 

 

IMG_6716
 

 

 

ペタっとくっつけたような

かわいらしいポケットもお気に入りです。

 

 

 

IMG_6715
 

 

 

背面にもこだわります。

 

この背中のスクエアのパネルに心打たれるという方、

ブログを読んでくださってる方の中にも

たくさんいらっしゃるはず・・・!

 

こちらのワンピースは

ご紹介したグレーと

黒に近い深いネイビーの2色を展開しております。

 

 

 

 

IMG_6723
 

 

 

お次は、

切り替えが可愛いニットと

パンツのご紹介です。

 

 

 

IMG_6724
 

 

 

ニットは、丈が少し短いデザイン。

網目の異なる面をそれぞれ対角に設置することで

様々な表情を見せてくれる1着。

 

ブラックとアイボリーの2色展開です。

 

袖は太めで、この「ゆとり」が最高に可愛いですよね^^

 

 

 

IMG_6726
 

 

 

そして履いていたパンツですが、

実はチェック柄でした!

 

センターにはプレスが施されているため、

シャツやブラウスとも合わせて

ドレッシーに着ていただくのもおすすめです。

 

こちらも写真のネイビーとグレーの2色での展開です!

 

 

 

 

これまで紹介してきたお洋服以外にも、

ブログでは紹介しきれないお洋服たちがたくさんあります!

 

秋も本格的になり、肌寒くなってきましたので、

ぜひこの機会に、天王洲店へお立ち寄り下さいね!

 

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

WOHL HUTTE/ TONE STOOL

date. 2019/09/27

先週21日から開催しております、WHOL HUTTEさんのポップアップストアの追加情報です。

過去記事はこちら【9/17:WOHL HUTTEさんのご紹介記事】

過去記事はこちら【9/21:WOHL HUTTE/Fairスタートしました】

過去記事はこちら【9/24:WOHL HUTTE/GATELEG TABLE】

 

私がWOHL HUTTEさんのことを始めて知ったのは、

あるユーザーの方がSNSでUPしていたのがキッカケでした。

いつか工房へお邪魔して、実物に触れてみたいを思っていたので、

22日に堀部ご夫妻とお会いし、「やっぱりおふたりの人柄が家具作りに現れているんだな」と

改めて感じました。

 

今回はWOHL HUTTEさんの作品の中から、TONE STOOL(トーン スツール)をご紹介します。

Tone stool silver
 

工房がある、美濃加茂市には広葉樹の山々が多くあり、そのなかでも「アベマキ」が生い茂っています。

美濃加茂市里山林を整備する時に、このアベマキを活用するにはどうしたらいいかと

堀部ご夫妻に相談が持ちかけられたことが誕生のキカッケだったそうです。

IMG_6659
 

スツールの天板に注目すると、なにやらポツポツとしたものが・・・?!

じつはこれ、「虫喰いの跡」をそのまま残っていて、

(文字で読むと驚くかと思いますが、しっかりと処理されているので安心してください。)

この「虫喰いの跡」がTONE STOOLの表情になっているのです!!

TONE STOOLに限らず、木材は木として自生している間にその環境によって

色々な表情を生み出すんだな、と感じずにはいられません。

IMG_6656
 

そして、1脚1脚それぞれにレザーが巻かれ数字が刻印されています。

これは、TONE STOOLが産まれる度に美濃加茂市のアベマキが

活用されたことを意味しています。

堀部さん曰く、「自分が所有した後に『今、どれくらいのTONE STOOLが産まれて、

美濃加茂市の里山林はどうなっているだろう』と思い出してほしいから」と

おしゃっていたのが、忘れられません。

IMG_6654
 

作り手と地域との繋がりや想いをここまで表現しているTONE STOOLに

是非触れてほしいです。

-----

【WOHL HUTTE in SLOW HOUSE】

9 月21日(土)~10月14日(月祝)

今後も展示商品をブログ・インスタグラムにてご紹介していきます

是非チェックください!

instagram:@slowhouse_tennozu

.
-----
商品に関する詳しいお問い合わせはお電話でも受付けております。

TEL  03-5495-9471
 
OPEN 11:00~20:00
 
*水曜日定休
 

 

 

 

 

WOHL HUTTE/ GATELEG TABLE

date. 2019/09/24

先週21日から開催しております、WHOL HUTTEさんのポップアップストアの追加情報です。

過去記事はこちら【9/17:WOHL HUTTEさんのご紹介記事】

過去記事はこちら【9/21:WOHL HUTTE/Fairスタートしました】

 

なんと22日には堀部ご夫妻にお店へお越しいただき、終日フロアでお客様と接していただけました。

私たちでも家具職人の方と話をする機会なんてほとんどありません。

 

SNSでこの企画を知られたファンの方々が連日、日本各地からお越しいただいております!

人を惹きつける引力を持ったブランドだなと改めて感じます。

 

今回はそんな作品の中から、GATELEG TABLE(ゲートレッグ テーブル)のご紹介。

 

 

IMG_6619
 

左右折りたたみの天板を備えたテーブルで、機能的かつ拘りが随所に見受けられます。

簡単にスペックです。

本体はオーク材ソープ仕上げ。一部パーツに天然石、真鍮、籐。

 

両方開いた状態で、サイズは幅120cm、奥行70cm、高さ72cm。

やや小ぶりですが4名まででしたらお食事も可能なサイズです。

 

 

IMG_6620
 

折りたたむとこんなにコンパクト。

両方たたむと幅は31cm。

テーブルとして使用しないときは壁に寄せてコンソールとして。

 

片側だけたたむと幅76cm。

小ぶりなデスクとして使えますね。

 

 

IMG_6630
 

広げる天板を支える脚先には真鍮のキャスター。

真鍮色などの塗装ではなく、生の真鍮です。

素材選びにも正直でありたいというお二人の強い意志を感じます。

 

 

IMG_6621
 

たたむ部分の板同士も、直角ではなく半円に削り出しています。

よくよく見ると天板の淵部分にも細かな溝が掘られていますよね。

細かいー!!とスタッフ一同驚きましたが、堀部さんからは「簡単に彫れますよ」とさらり。

ものづくり精神の姿勢と高さに、恥ずかしいやら圧倒されるやら・・・心がややザワつきました。

 

 

IMG_6631
 

両側の脚には籐があしらわれ、真鍮のフックが付いています。

国内でも数少ない籐張りの職人さんがたまたまご近所にいらしたそうです。

他の作品を通しても地域との繋がりや連携のものづくりを感じることができます。

 

 

IMG_6623
 

足元には引き出して使えるサービングトレーまで・・・。

黒い部分は石です。

使い手のことを考えられた心配りがにくいです。

 

仕上げの細やかさは、実物をぜひ見て触っていただきたいです!

美しい!

 

以上、今回はこれまで。

 

-----

【WOHL HUTTE in SLOW HOUSE】

9 月21日(土)~10月14日(月祝)

今後も展示商品をブログ・インスタグラムにてご紹介していきます

是非チェックください!

instagram:@slowhouse_tennozu

.
-----
商品に関する詳しいお問い合わせはお電話でも受付けております。

TEL  03-5495-9471
 
OPEN 11:00~20:00
 
*水曜日定休

back
to TOP