shop blog

スローハウス スローハウス

< ショップ詳細に戻る

INFO.
2019年4月より、毎週水曜日を定休日とさせていただきます。ご来店の際にはご注意ください。 なお、祝日は定休日にかかわらず営業いたします。
ADDRESS
〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-3
TEL
03-5495-9471
OPEN
11:00~20:00 / 水曜日定休
SOHOLM レストラン
LUNCH/11:00~15:00
DINNER/18:00~23:00 L.O. 22:00
(土日祝)17:00~22:00 L.O. 20:30

Archive for 8月, 2019

 

 

ブログをご覧のみなさま、こんばんは。

 

WOHL HUTTE
 

このたび、天王洲店のオープンと同時にデビューした、

「12 Table / トゥエルブ テーブル」を製作いただいている

 

WOHL HUTTEさんのPOP UP開催が決定いたしました!

(公式HPはコチラ

 

開催期間:9/21(土)~10/6(日)

テーブルやソファなど、合わせて10点以上のプロダクトを展示する予定です。

 

脚
12 Table

“12ヶ月、使う方にそっと寄り添ってほしい”という思いから、

12 Tableと名づけられています。

 

DSC_0032
12 Table

 

 

岐阜県の小さな工房で、

丁寧に手作業で製作されているプロダクトは、

どれも、端正で、繊細で、静かな落ち着きのある佇まいが魅力です。

 

 

Copal sofa4
Copal Sofa

 

F2:table2
F2 Table

 

Tapestry stand1
Tapestry Table

 

 

関東で直接ご覧いただける機会が

中々ないプロダクトばかりとなっております。

 

 

開催までの期間、展示予定商品を随時、

ブログ・インスタグラムにてご紹介していく予定ですので

是非チェックくださいね・・・!

インスタグラム:@slowhouse_tennozu

 

――

商品に関する詳しいお問い合わせは、

TEL  03-5495-9471
OPEN 11:00~20:00
*水曜日定休

直接お店にお電話いただければ幸いです。

それでは皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

家具・テキスタイル担当の亀岡です。

 

本日は、雑誌やSNSでも本当によく見かけるこちらの格子柄のラグ。

「beni ouarain / ベニワレン」入荷のご案内です。

 

IMG_6432
 

beni ouarain / ベニワレン

モロッコ北部に暮らす部族の女性たちの嫁入り道具として作られているラグ。

染料を一切使わず、ウール本来の色を生かしたナチュラルさが特長です。

毛足が長くふかふかとして暖かく、踏み心地も抜群です。

著名な建築家に選ばれ、有名建築のインテリアとして用いられたことで

人気が出始め、数々のインテリア雑誌にも掲載されています。

 

 

見た目が可愛いのはもちろんですが、

天然素材でも特にウールは防汚性に優れており、お手入れもらくらく。

ふかふかなベニワレンで、ゴロゴロ・・・

至福の一時である事、間違いなしです。

 

 

 

――

 

 

それでは、入荷したラグの一部をご紹介いたします。

 

 

204×136 cm

リビングのソファ前へ置かれる際に、最もポピュラーなサイズ感です。

_MG_0360
_MG_0373
 

 

 

 

205×157 cm

比較的、しっかりと格子の線が入っています。

_MG_0357
_MG_0376
 

 

 

243×148 cm

サイドが個性的で、珍しいデザイン。

_MG_0361
_MG_0372
 

 

 

157×111 cm

小ぶりのものもいくつか入荷しています。

_MG_0362
_MG_0371
 

 

130×70 cm

非常に珍しい、格子柄ではない柄のベニワレンです。

_MG_0364
_MG_0369
 

 

掲載しているもの以外にも多数入荷しておりますので、

是非、貴方だけのベニワレンを探しに見にいらしてくださいね。

 

 

IMG_6431
 

 

――



展示中のVINTAGE商品の一部がSLOWHOUSE公式サイトから

ご覧いただけるようになりました!(RUGも掲載予定です。)



https://www.slow-house.com/vintage/



こちらも随時更新予定ですので、是非ご覧ください。



――

みなさま、こんにちは。

お盆が明け、夏休みが終わりに近づくにつれて

夕焼けの様子が少し秋めいてきていますが、

まだまだ日中は暑い日が続いていますね。

季節の変わり目で夏バテや夏風邪で体調を崩さないように

みなさまもくれぐれもお気をつけください。

さて、7/27(土)から開催してきました、DANISH VINTAGE FESTAも

いよいよ今週末8/25(日)で最終日を迎えます。

DANISH VINTAGE TOP画像
 

今回は、入荷してくるとお問い合わせも非常に多いドレッサーと

ライティングビューローをご紹介します。

_MG_0270
 

1960~80年代に作られ、使用されてきたこちらのライティングビューローは

普段はそのままチェストとして使用でき、天板を引き出せばデスクとして、

_MG_0286
 

_MG_0278
 

中央にのミラーを倒せばドレッサーにと3つの機能を備えています。

_MG_0271
 

W85xD42xH99cmと小さいサイズながら、収納スペースはたっぷりで、

小さな取っ手や側面部分の曲線のかわいいフォルムが目を惹くデザインです。

 

続いてはこちらのドレッサーです。

_MG_0261
 

鏡面がチェストのように収納できるので、スッキリとした印象をお部屋に与えてくれます。

_MG_0263
 

また、鏡下には仕切りがついているので、

_MG_0289
 

メイク道具など外に出したくないモノを収納できるのも嬉しい作りになっています。

_MG_0293
 

鏡面が立ち上げやすいようにと、使い手のことを考えて作られているなど

細部に作り手の拘りが垣間見えるデザインとなっています。

 

今回ご紹介した2つのアイテムはいずれもNO NAME(デザイナー不詳)ですが、

使い手への想いを馳せ、作り手の拘りが随所に見られるアイテムとなっています。

ぜひ、店頭で細部までご覧ください。

 

 

 

 

DANISH VINTAGE TOP画像
 

8月25日まで開催しております、DANISH VINTAGE FESTA。

好評につき会期中も入替えをせっせと行いまして、今回の企画に用意していたモデルたちは全て出揃いました。

NO NAME(デザイナー不詳)から名作まで状態のよいものばかりです。

 

ほかイギリスG PLAN(ジープラン)、ERCOL(アーコール)も少し。

ビンテージに興味のない方も、コレクターの玄人の方も、ぜひ一度足をお運びください!

 

 

_MG_0306
 

売場はただいまこんな様子。

積んだり並べたりと、ぎゅうぎゅうに詰まっております。

過去記事はコチラよりチェック

 

 

_MG_0208
 

今回は数ある中から私オススメのこのモデルにフォーカスしてみます。

Model:FALCON CHAIR(ファルコンチェア)

Designer:Sigurd Ressel / シガード・レッセル (ノルウェー)

 

 

_MG_0248
 

デンマークのコンペ入賞を期に1971年に製品化されて以降、世界的な支持を受けファルコンシリーズとして様々なモデルが発表されました。

展示のモデルはフレームはメタル、シートはブラウンのレザーです。

レザーシートを外すとファブリックのシートがあらわれます。

 

実は当時の日本に向けても販売がされており、以前私が訪れた旅館のロビーにもでんっと鎮座しておりました。

 

 

_MG_0242
 

すっきりとした脚周りです。

4本の脚が一度収束し、すらりと流れるように上へ伸び広がっています。

浮遊感のある佇まいがファルコンの特徴。

ビーチ材積層のレッグも存在しますが、私は断然メタルですね。

かっこいい!!

 

 

_MG_0241
 

その4本の脚が伸びた先4点にはフックがあり、シート部分が吊られる構造です。

※本体のレザーは当時のものですが、シートを留めるレザーのバンドは日本国内で修復しております。

 

そしてファルコンの人気はその抜群の座り心地のよさにあります。

まるでハンモックのようにゆったりと、身体全体をやわらかく包み込んでくれます。

店頭で体感してみてください。

うたた寝注意。。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

_MG_0211
 

こんにちは。

 

すっかり夏の陽気ですが、

暑くてなかなかお出掛けする気になれない・・・

 

わかります。

 

そんな時は、お家で快適に過ごしてしまいましょう~

 

今回は、そんなお家時間を充実させる

2つのアイテムのご紹介です!

 

 

 

まず最初にご紹介するのは、

「fresco」の「ソリト」シリーズ

 

FRESCO3
 

このグラスの特徴は、なんといってもこの色。

 

ラインナップは全33色。

 

FRESCO4
 

塗料にも細かく粉砕したガラスを使うという、

frescoのガラスへの愛情まで感じられます。

 

きっと皆さん好みのものに出会えるはず!

 

こちらは、大阪の若い職人さんたちが1つ1つ手作りしているんです。

色付けや形作りなど、グラス1つに要す時間はなんと、5日間!

手間がかかっていることを知ると、いっそう魅力的にみえますよね。

 

 

お次に紹介するのは、

「loomer」

 

LOOMER2
 

今回は、座布団とマルチカバーのみの販売です。

 

このどこか懐かしい風合いと感触は、ぜひ一度直接触れていただきたい・・・

一度使われなくなってしまった工場に残っていた糸や布を

古くから使っている機械で織り上げることで、

新しいものでは出せない風合いを作り出しているのです。

 

LOOMER1
 

loomerの座布団はすべて、

工場のおばあちゃんたちが1つ1つ手作りしています。

クッションのようなデザインと、

座布団特有のもっちりとした感触が癖になりますよ。

 

 

これらのアイテムはすべて、

受注生産限定商品となっております!

 

お気に入りをみつけて、お家時間をより一層快適なものにしませんか?

 

 

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちいたしております!

 

 

 

to TOP