shop blog

スローハウス スローハウス

< ショップ詳細に戻る

INFO.
2019年4月より、毎週水曜日を定休日とさせていただきます。ご来店の際にはご注意ください。 なお、祝日は定休日にかかわらず営業いたします。
ADDRESS
〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-3
TEL
03-5495-9471
OPEN
11:00~20:00 / 水曜日定休
SOHOLM レストラン
LUNCH/11:00~15:00
DINNER/18:00~23:00 L.O. 22:00
(土日祝)17:00~22:00 L.O. 20:30
back

Posts Tagged ‘スローハウス’

皆様こんにちは!

いつもブログをご覧頂きましてありがとうございます。

2月よりスローハウス天王洲店に異動して参りましたオギハラです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

本日は天気も良く、とっても過ごしやすいお天気でしたね。

皆様、どんな週末を過ごしですか?

 

大変ご評価頂いておりますVINTAGE  FAIRも残すところ、あと2日になりました。

IMG_4703
 

デンマークやイギリスで実際に使われいた一点モノのヴィンテージ家具たち。

_MG_1217
_MG_1876
_MG_9969
 

そしてこの週末はポイント5倍でお得に購入できるチャンスです。

https://www.actus-interior.com/news/202003point5days/

01
 

展示中のVINTAGE商品の一部がSLOWHOUSE公式サイトからご覧いただけます。

https://www.slow-house.com/vintage/

是非お気に入りの1点を見つけにスローハウス天王洲店へ足をお運びください。

スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。

みなさん、こんにちは。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!

 

現在、SLOWHOUSE天王洲店で絶賛開催中の ”北欧ビンテージの小さな家具 蚤の市” 。

ビンテージ家具を目当てに、連日たくさんのお客様にご来店、お問合せをいただいております。

素敵な家具と運命的な出会いをされたお客様をみると、私も思わず嬉しくなります。

 

蚤の市TOP
 

ブログでご紹介した家具以外にも

SLOWHOUSEのHPで随時更新しておりますので

ぜひチェックしてみてくださいね!

SLOW HOUSE  PRODUCT : Vintage Funiture ページへ

———————————————————————-

さて、蚤の市で店内にビンテージ家具がずらりと並んでいますが、

その中でも今回ご紹介したいのがこちら。

_MG_8418
 

一見シンプルなダイニングテーブルに見えますが、

1950~70年代にかけ製作された伸長式のダイニングテーブルです。

奥行が110cm、154.5cmと2段階でお使いいただけます!

 

伸長できるといっても、一体どこが伸びるのか不思議ですよね。。。

よし、早速やってみましょう!!

 

_MG_8417
①天板を両サイドに引張ります。

_MG_8416
②中の板をくるっと上にひっくり返します。

_MG_8415
③重なった板を手前にパタンと。

_MG_8414
④サイドの開いた天板を中心に寄せると完成!

 

近くで見てみると、、、

_MG_8444
 

天板を両サイドに引っ張ると、中の板が出てきます。

 

_MG_8443
 

下から板をくるっとまわして、

 

_MG_8442
 

重なった板を手前にパタンと倒します。

 

_MG_8441
 

両サイドの天板を中央にきゅっと寄せれば、出来上がりです!

 

_MG_8452
 

開いた天板側にはこのような凸部分があります。

この凸部分を反対側の溝に差し込むことで天板がしっかり固定されます!

_MG_8450
 

収納型のエクステンションは、まるでカラクリのようでしたね。

天板の中央を折って畳むことで天板下に収納される仕組みになっているんです。

板をはめ込んだり、脚を動かしたりという作業がないので簡単に伸長できるのが嬉しいです◎

_MG_8455
_MG_8453
 

天板は舟形のオーガニックなデザインがとても綺麗で、軽快な印象を与えます。

 

_MG_8447
 

天板下にはブランド・デザイナーの刻印も印されています。

 

実際に触ってみるとこんな仕組みになっているんだと驚きです。

デザイナーの知恵とこのカラクリのおもしろさを

ぜひ店頭で触ってみていただけたら嬉しいです!

 

こんにちは。

いつもSLOWHOUSE天王洲店のブログをご覧いただきありがとうございます。

先日、ついにACTUSより初のオリジナルアパレルブランドが立ち上がりました。

_____________________

「居服」という新しい服のあり方。

良い素材とシンプルなデザインが
鎧わず繕わず、等身大でいる自分の良さを
自然と引き出してくれる。
そんな「居服」をめざしたアパレルラインが

デビューいたします。
アクタスから。

_____________________

 

ブランド名は“eauk(オーク)”

 

eauk2
 

フランス語で水を意味する”eau”(オー)+デンマーク語で美しさを意味する”smuk”(スモック)を掛け合わせたeauk。

北欧の人たちが心地良く、美しさを取り入れたライフスタイルを過ごしているように、

ACTUSが提案するライフスタイルを  “eauk”として、ニュートラルでフレームレスな価値観を持ち、

水が滴るようなゆっくりとしたスピードで伝えていきたいという想いをこめています。

 

eaukのアイテムは、3つのカテゴリーから成り立っています。

〇FURERU
タイトルなし
実際に肌に触れるもの。

着心地が良いのはもちろん、吸水性や速乾性など機能性も備えたアイテムが揃っています。

暖かくなったら1枚で、肌寒い時はインナーとして。

1年を通して活躍すること間違いなしです。

 

〇MATOU

eaukmatou
 

MATOUは、羽織ったときにシルエットを決める大事な存在。

お気に入りのアウターがあると、それだけで気分もよくなります。

同じ形でも色によって印象ががらっと変わるのでぜひお試しください。

 

〇AIDA

eaukシャツ
 

FURERUとMATOUの間に身につけるもの。

eaukでは、こだわりの詰まったシャツやブラウスを揃えています。

着てみるとそのシルエットの良さに感動するはず。

 

 

eaukのアイテムは、シンプルながら着る人によって全く異なる印象を与えます。

なんといっても着心地の良さはどれも抜群!

今の時期は主にカットソーを展開していますが、順次シャツやワンピースなど、

新しいアイテムが入荷する予定です。

 

ぜひ、実際に見て、触れて、eaukの心地よさを体感していただけたら嬉しいです。

ご来店、心よりお待ちしております。

 

 

 

毎度好評いただいておりますヴィンテージ家具フェア!

開催から約10日あまり。

 

長年倉庫で眠っていた家具たちが、海を越え、きれいに手入れされ、

新しい活躍の場へもらわれていくさまはとても感慨深いです。

 

新しいオーナーのみなさま。

どうぞ大切に手をかけながら、次の世代へ受け継いでいってください。

 

 

蚤の市TOP
 

ビンテージ家具はBLOGだけではなく、

HPでも随時更新していきますのでお見逃しなく!

SLOW HOUSE  PRODUCT : Vintage Funiture ページへ

 

****************

 

 

今回スポットをあてるのは、企画名と反対の「北欧ビンテージの大きな家具」。

その中から人気の高さもうなずける、機能的で美しいデザイナーズをご紹介します。

 

 

_MG_8326
 

このキャビネットのデザイナーの名は、

Børge Mogensen / ボーエ モーエンセン

 

1914年デンマークで生まれ、20歳の若さで家具マイスターの資格を取得。

近代デンマーク家具の礎を築いた巨匠にも師事したのち、「FDB Mobler」の責任者に就任。

36歳で独立して以降、「Soborg Mobler」・「Fredericia furniture」等他社へデザイン提供を行い、

スパニッシュチェア・J39など名作家具を世に送り出しました。

 

 

かいつまんでの紹介でしたが、今回の2モデルは

モーエンセン独立後の、「Soborg Mobler」/ソボー モブラーから発表されたモデルです。

 

 

_MG_8336
 

愛らしい鍵のデザイン。

 

 

_MG_8341
 

モーエンセンのキャビネットには、台輪・レッグと両方あります。

レッグのほうが人気も高く、希少といわれております。

安定感のある形状で、彼の作品は丈夫さにも定評があります。

 

 

_MG_8344 (2)
 

そしていまひとつ。

こちらはさきに紹介したキャビネットと背の高さも同じ、190cmのビューロー。

 

 

_MG_8358
 

北欧ビンテージにみられる曲線も随所に採用されているのですが、

全体的には直線的なシンプルなデザイン。

 

 

_MG_8345
 

天板サイズも大きく、デスクワークには申し分ありません。

実用性も兼ね備えたデザインも、プロダクトに反映されています。

 

 

_MG_8360
 

モーエンセンをこのブログで初めて知った!

という方も、細やかなデザインを是非店頭でご堪能ください。

 

 

 

寒の戻りはあるものの、着実に春が近づいてきております。

 

もう少し経つと、お店の前に植えられた桜たちもこんなようすに。

わたしはこのお店で迎える初めての春ですので、とても楽しみです。

 

 

外観写真_桜
 

 

いつものお部屋をよりあなたらしく、インテリアを新たな装いにしてみてはいかがでしょうか。

 

家具のサイズはもちろん、色や素材の組み合わせに悩むことから、

インテリアに難しさを覚える方も少なくありません。

 

そんなインテリアをより身近に感じ、楽んでいただけるよう、

当店では3Dのシュミレーションサービスを無料で行っております。

 

今回はご相談をいただいた後の流れをかいつまんでご紹介。

 

 

02
 

ざっくりでもお部屋の間取りと寸法をお伝えいただければ、こんなふうに平面から作っていきます。

なにかと役立つこともありますので、お部屋の寸法や図面は画像かメモにでも残しておくといいと思います。

 

 

04
 

このイメージを3Dにしてみると、こう。

ここまでおよそ数分。

お部屋の躯体はほぼできあがりです。

部屋に差し込むやさしい陽の再現もできております。

 

 

05
 

お部屋に入ったイメージはこちら。

つづいて検討のソファやテーブル、お手持ちの家具もこのなかに配置していきます。

 

 

07
 

はい。

簡易的なアプリと異なり、細かい色・サイズ変更と取扱いモデルそのものを

プランに反映させることができます。

お部屋の写真があるとより忠実な再現が可能になります。

 

 

10
 

11
 

さらに時間をかけて陰影とテクスチャーを再現するとよりきれいな仕上がりになります。

最終的なシュミレーションイメージは、この状態でお渡しいたします。

 

 

 

_MG_1823
 

お預かりした図面をもとに、より精度の高いシュミレーションも可能です。

この実際の画像のイメージをシュミレーターで再現すると…

 

 

SAMPLE2
 

このとおり。

お引越し前のまだ見ぬお部屋のインテリアにも、これなら安心して選ぶことができますよね。

 

4月5日(日)までインテリア相談会を開いておりますので、この機会にぜひ。

ご相談お待ちしております。

 

 

ブログをご覧のみなさま、こんにちは。

 

私、はじめての登場でございます。

新人の横田です!

どうぞよろしくお願いします。

 

私ここ最近、あたたかくなってきたのと同時になんか鼻がムズムズしてきました…

 

みなさまは、鼻の調子いかがですか?

これからの季節、一緒に戦いましょう!!!

 

そんなこんなで、もうすぐそこに春が迫ってきておりますが

これから新たな環境で新生活が始まる方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな新生活におすすめしたい

こちらの “OLU DAINING TABLE (オル ダイニングテーブル)” をご紹介いたします!

 

IMG_6579
 

本当に美しい。

一見、海外ブランド?とも思えるこちらのテーブルですが

岐阜県の “WOHL HUTTE(ボールヒュッテ)” という工房でつくられているんです。

 

“WOHL HUTTE(ボールヒュッテ)” についてはこちらをご覧ください。

https://tokyo.slow-house.com/?p=7344

 

なんとこちらのテーブル、天板が折りたためるのです。

全体
 

両端を折ると、W90cm。

 

全体2
 

片側を折ると、W155cm。

この状態で、折り畳んだ側をキッチンにくっつけて使用してもいいですね。

 

無垢の天板を「折る」や「たたむ」、という事を丁寧で美しい仕草ととらえ名付けられたんだとか。

折る部分が美しい
 

よーく見てみると…

折り目が半円に削られていますね!

畳んだ状態でも美しい、作り手のこだわりが感じられます。

 

ローラー真鍮、ウォールナット墨黒の脚
 

もうひとつこだわりを発見!

一部の脚先には墨黒のウォールナットを

そしてローラーには真鍮を使用しています。

細部までこだわりが詰まっていますね。

 

継ぎが少ない無垢の天板
 

天板には継ぎが少ないオークの無垢材を使用。

 

PSマット作れるよ
 

天板は無垢材のオイル仕上げの為、輪シミなどが気になる方は

天板を保護できるPSマットもご購入いただけます。

 

この美しさ、そして細部のこだわりを

ぜひ実際に見て、触れて体感していただきたいです!

みなさまのご来店お待ちしております。

 

みなさま、こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

最近、あたたかい日も増えてきて

いよいよ春が近づいてきているのでしょうか。

寒いのが苦手な私にとっては待ちに待った春でございます・・・

 

さて、今回もやってきましたこの企画!

 

蚤の市TOP
 

“北欧ヴィンテージの小さな家具 蚤の市”

が、2/22(土)よりスタートいたします!!

 

期間:2/22(土)~3/22(日)

場所:SLOWHOUSE天王洲店

 

普段なかなかお目にかかれない、

北欧ヴィンテージの家具たちがご覧いただけます!

 

_MG_1837
LIFT TABLE >before

_MG_1835
LIFT TABLE >after

 

 

_MG_1671
7DRAWER

_MG_1680
7DRAWER >detail

 

 

 

_MG_1862
LIVING TABLE

_MG_1896
LIVING TABLE >detail

 

 

_MG_1875
1DRAWER

 

 

_MG_1881
FLOWER STAND

_MG_1890
FLOWER STAND >detail

 

 

_MG_1665
RATTAN SIDE TABLE

 

集結するのは、アクタスのバイヤーが北欧のヴィンテージショップで買い付けた一点ものの家具たち。

そこには当時のデザイナーや職人さんたちのこだわりを、細部にまで感じられるものばかりです。

 

時代を越え、今も受け継がれるデンマークの家具たちは

デザインだけでなく、その技術や機能性も魅力的。

ぜひ店頭にてそのこだわりに触れてみてください。

 

どんな人たちがどのように使ってきた家具なのか・・・

その背景をつい想像してみたくなりますね。

 

今後も随時、

入荷のヴィンテージ家具をご紹介いたしますので、お楽しみに!!

 

 

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

週末の雨から一転、ポカポカとした優しい陽差しが気持ち良いですね。

コートを着ずに気軽に出歩けられるなんて、本当に久しぶりです。

ああ・・・待ってました、春。

 

 

 

さて、本日はお探しの方の多いデンマークヴィンテージのチェアの中から、

選りすぐりの3点をご紹介いたします。

 

 

まずは、こちら。

北欧屈指の家具メーカー、J.L.Moller/ジェイエルモラーが手掛けたチェアです。

 

_MG_1656
VINTAGE No.75 Chair

 

_MG_1663
美しいカーブを描いた背面。

 

_MG_1692
J.L. Moller/ジェイエルモラー社製の椅子は、接合部分の技術が高いのも特徴です。

 

_MG_1696
平織のコットンテープで編み込まれた、非常に珍しい座面。

 

_MG_1694
J.L.MOLLERのロゴマーク付きです。

 

_MG_1693
品質を保証するDANISH FURNITUREMAKERS’ QUALITY CONTROLのロゴも付いています。

 

品名:No.75 CHAIR

ブランド:J.L. Moller

デザイナー:Niels O.Moller

木材:TEAK

サイズ:W45 / D45 / H80 / SH43 cm

 

 

続いて、Mogens Kold/モーエンス コード社による、

シンプルで無駄がなく“凛”とした佇まいのこちらのチェア。

 

_MG_1761
VINTAGE CHAIR by Mogens Kold

 

_MG_1778
無垢材を削って作られた背板。

 

_MG_1776
背柱が滑らかに沿っていて、背中を優しくHOLDしてくれます。

 

_MG_1779
KVADRAT社の生地で張替えをしています。

 

品名:VINTAGE CHAIR

ブランド:Mogens Kold

木材:TEAK

サイズ:W48 / D42 / H76 / SH46 cm

 

 

 

続いて、デザイナーは不明ですが、

ローズウッド製、珍しい背板のデザインのこちらのチェア。

 

_MG_1755
VINTAGE DINING CHAIR  (ROSE WOOD)

 

_MG_1781
槍のようなデザインが特徴の背柱。

 

_MG_1782
背板の横幅が広く、大きくカーブを描いています。

 

_MG_1780
こちらも、KVADRAT社の生地で張替えを行っています。

 

品名:VINTAGE CHAIR

木材:ROSE WOOD

サイズ:W50 / D48 / H79 / SH45 cm

 

 

この世に一つしかないヴィンテージのチェアは、

“愛着”がわき、自然と大切に使い続けたくなります。

 

 

どうぞ、実際にお店でお試しいただき、

とっておきの一脚を見つけていただければ幸いです。

 

 

――

 

展示中のVINTAGE商品の一部がSLOWHOUSE公式サイトから

https://www.slow-house.com/vintage/

ご覧いただけるようになりました!

こちらも随時更新予定ですので、是非ご覧ください。

 

――

 

 

ブログをご覧の皆さま、こんにちは。

まだ寒さの厳しい1月ですが

商店街などでは「新春」の文字も見かけるようになりましたね。

 

気候としての春はまだ先ですが、

おうちの中だけでもグリーンを置いて明るくしてみませんか。

芽が出、脚が生え、背丈が変わるインテリア。

今回はちょっとめずらしい子たちを。

 

こちらは前回、初心者向けとご紹介したフィカスの仲間。

 

ficus
 

カシワバゴムに似ていますがアフリカンプリンスという珍しいフィカスです。

幹も面白い形で葉もしっかりしています。

年末年始、こんな暑かったり寒かったりするお店の中で大丈夫か?と

心配していたのにめちゃくちゃ元気です。

 

ガジュマル
 

左から時計回りに、

①クリプタンサス。森に地生のパイナップルの仲間です。

白系の葉に黒い縞模様がめずらしいアブソリュートゼロという種類。

ただただカッコイイ。

 

②ガジュマル

たぶん皆がイメージするものとは異なるフォルムのガジュマル。

このような鉢に入れてスローハウスっぽくも、

シンプルモダンなカバーに入れてクールなかんじでもいける、

ふり幅の広い子です。

 

③フィロデンドロン ファンバン

セロウムに似た見た目の珍しいフィロデンドロン。

長い茎と大きな葉でおもしろい形ですが、葉色や形状にくせがないので

インテリア、他の植物、何と一緒でも合わせやすいです。

床に置いても、棚上に置いて、葉がぴょんと出ているのを

下から眺めるのでも面白いですよ。

 

AIRPLANT
 

いつでも人気のエアプランツ、キセログラフィカ。

 

AIRPLANT
 

の、着生している変わりダネ、カーリースリム。

着生している分、水やり加減が分かりやすい子です。

 

ほかにもいろいろ、、、

インスタグラムでも毎週金曜に入荷したグリーンをご紹介していますので

ぜひご覧ください。

 

ご来店お待ちしております!

 

灯る照明

date. 2020/01/06

 

こんばんわ。

今も昔も、日が暮れて暗くなれば誰もがする行為。

といえば、光を灯すこと。

 

今回はスタッフおすすめの照明の、普段お見せできない夜の顔をご紹介いたします。

 

 

①-1
 

こちら昼の顔。

手作業で仕上げられた磁器のボディとファブリックのシェードがオブジェのようですね。

METALARTE(メタルアルテ)、Josephine(ジョセフィーヌ)table。

ボディ・シェードそれぞれ色を選ぶことができ、サイズバリエーションもございます。

 

 

①-2
 

こちらが夜の顔。

ボディのラインに影が落ち、とてもエレガントです。

 

 

①-5
 

 

 

②-1
 

こちら昼の顔。

プラスチックの手折りのシェードが折り紙のようでかわいらしいフォルムです。

LE KLINT (レクリント)、KP207 PINEAPPLE (パイナップル)

アクタス限定でこの度復刻した照明です。

 

 

②-2
 

こちら夜の顔。

柔らかな光が全体から漏れてきます。

灯具自身だけでなく、光の届く近くの壁や家具にも新しい表情がでてきますね。

 

 

②-3
 

そして今ひとつ。

テーブルランプにもペンダントランプにもできるように、あらかじめコードが二種類同梱されています。

デザイナーズの照明の中でも手の届きやすい価格帯も魅力です。

吊ったほうが、パイナップルっぽいです!

 

 

 

③-1
 

お次は古参のANGLEPOISE(アングルポイズ)の1227 mini table。

ワーキングの照明としておすすめする一灯ですね。

同ブランドで先に生まれたモデルたちよりも華奢でミニマルなデザインです。

 

 

③-3
 

こちら夜の顔。

実はシェード部分がセラミック(陶磁器)でできており、光が透けて見えます。

懐かしさも感じられる、乳白の淡い加減…。

なんとも形容しがたいです。

 

国内の磁器生産地でも同じような照明をよく目にします。

 

 

 

④-1
 

はい、こちら最後。

今照明のデザイナーとして、世界で最も脚光を浴びている(といっても過言ではない)方の照明でございます。

真鍮とガラスでできております。

無塗装(素)の真鍮のため、素手で触ると写真のように指紋が酸化し跡が残ります。

気にされる方は都度手袋をどうぞ。

 

FLOS(フロス)、SOMEWHERE IN THE MIDDLE(サムウェアインザミドル)

 

 

④-2
 

丸い光って落ち着きませんか?

お月様のようで縁起がいいですし、眺めていたくなります。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

たまには皆さまにも実際の夜の顔をご覧いただけるように、明るさを抑えて営業できたらなと考えております。

 

 

 

back
to TOP